今昔のお見合いについて


photodune-3032998-attractive-man-posing-in-the-studio-m

昔のお見合い

昔はお見合いが主流でした。江戸時代のお見合いは、妻になるところの家に夫となる方が訪問します。妻になるかもしれない方が、お菓子やお茶を振る舞います。そこで、お菓子を食べたり、お茶を飲んだりしたら、お見合いが成立します。判定は男性のみで女性は選択権が無かったとのことです。

本来、日本での結婚はお見合いが基本なのです。しかし現代では恋愛結婚が尊重されます。昔の恋愛結婚をしたいと思っていた人で、結婚相手が決まっていた場合は、駆け落ちがあるのも頷けます。全く知らない相手と当日あって結婚したというのも、はるか昔でもないのです。昭和のはじめくらいまでは、お見合いが当然のことだったのです。相手に恵まれれば幸せですが、働かない、浮気をするなど世の中には問題があったのです。そんな中でも、女性は辛抱して結婚生活をしていきます。

子供も多く7人や8人の子供というのは当たり前だったのです。多くの子供と辛抱の多い生活は、女性にとっては耐えがたき生活だったのです。しかし、みんなが皆、迷惑な旦那でもないのです。さらに、大抵の人は結婚していた時代でした。それを考えると昔は昔で良かったとも言えるのです。そして、性の情報もない女性は大人として成長するまで実家に帰って悩んだことを相談するなど、今では考えられない歩みを得て大人になっていくのです。

Copyrightc2017 今昔のお見合いについて All Rights Reserved.